株で稼ぐプロのテクニック

「株は稼げる」と近年注目を集めていますが、本当に稼げるのか?株で大成功しているプロと失敗をして大損する人の違いはなにか?当サイトではプロの株投資のテクニックをご紹介します。株で稼ぎたいと思うなら稼いでいる人からまずは学びましょう。

株で稼ぐプロのテクニック

株に失敗して大損する人の敗因

株に失敗して大損する人の敗因は共通している所があり、まずはリスク管理を徹底出来ないという事が挙がります。

相場での金融商品取引は株でも通貨取引でも元本保証が無いリスクのある商品ですから、損失を被る可能性があるものであり、初心者は大抵相場に入ってくる時は負ける可能性に関しては頭に無い事が殆どで、全ての取引で全勝する意識で取り組みます。

こうした全勝意識が強いと僅かな負けも認める事が出来ないですから、損失を抱えれば損切りするのではなく、いつか戻ってくるという期待で保有を続ける傾向にあり、もちろん株は常に変動していますから、長期保有によって戻ってくる事もありますし、期待して保有するのも良いですが、戻って来ない事は多々あります。

損切りポイントを決めずに取引して、損失を膨らませて取り返しが効かない所まで来てしまうのは、株に失敗して大損する人の共通点であり、この損切りを徹底させる事が出来れば市場から退場する事は無いですし、まずは予測が外れた時にどこまでリスクを許せるかの幅を決めておく事が必要でしょう。

利益に関しても同様であり、利益は損失とは違って保有し続ける忍耐が無いという事が負けパターンに挙がり、少し利益が乗れば利益確定を行って、それで勝率を上げても一度の取引での勝利が小さくて、一回の負けで全て失う事にもなります。

利益が小さく損失が大きいという投資結果になっている方が多々ある負けパターンであり、逆に勝つ人は勝率はそれ程高く無いですが一度の勝利が大きくて損失が小さいという形になっています。

投資する時に何故その株を買ったのか解っていないという方も多く、漠然と配当金が良いとか有名だからという理由で取引する方も負ける可能性が高く、株はその適正価値を見抜いて取引するものです。